RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
エスビー食品の社訓
JUGEMテーマ:ビジネス

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 The Professional Playing Manager 社長は立派なプレイングマネージャ
  2010-5-3 No.180
   仏滅 憲法記念日     エスビー食品の社訓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社是・社訓というものは、必ずしもオープンではないのですが、オープンに
されているものは、なかなか味のあるものです。今日は、カレー・スパイス・
レトルト食品などで有名なヱスビー食品の社訓を取りあげてみました;


・柱となり宝となれ、そこになくてはならぬ人となれ! 君の希望も情熱も
 その為にあるのだ。

・仕事を創れ!仕事を追え!働く人に信頼が集まる。仕事が人一倍多くなったら
 それだけ君の信頼が高まっているのだ。

・工夫、研究!これを忘れたとき君は後退に第一歩をふみ出しているのだ。

・自己啓発に努めよ!これがないから君には迫力も進展も自信もない。

・決定に対する責任を重んじよ!責任の回避は権利の放棄と直結している。

・困難な仕事と取り組め、最後までやり通せ!ここに始めて進歩と若さが生ま
 れるのだ。

・常に積極的であれ!その為の摩擦を恐れるな、でないと君は卑屈になる。

・為すべき事をしないで、権利のみ要求してはならない。権利は正しい努力と
 積極から生まれる。

・他人の立場になって考えよ、自分の考え方が広ければそれだけ自分を大きく
 する。

・先人の歩んだ茨の道を汚すな、君の今働いている場所は輝かしい伝統に支え
 られてるのだ。


この社訓は十訓あります。ところどころ、電通の鬼十訓と重なるところがある
のですが、それだけ、重要なポイントかも知れません。
例えば、
2番目の「仕事を創れ・・・」は「仕事は自ら創るべきで・・・」と類似
6番目の「困難な仕事と・・」は「難しい仕事を狙え・・・」
7番目の「常に積極的で・・」は「摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母・・」

4番目の「自己啓発に努めよ・・・」後段の「・・進展もない」で止めている
資料もありますが、鬼十訓の「自信を持て・・・」という下りと類似はして
います。
“自信を持つ”為に、自己啓発をすることが一つの手段であるとは言えますね。
自信というのは、自分を信じると書きます。自分を信じるものが仕事をすれば
“迫力・ねばり・厚み”が出来るもの・・・と鬼十訓は言っています。


以上、参考になれば幸甚。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

今年のゴールデンウィークは、週休2日の人にとっては、自動的に5連休。
今日は折り返し点にあたります。如何お過ごしでしょうか?
私は、ずっと気になっていながら出来なかった、まさに整理整頓に集中して
います。今日のゴミだしはリサイクルの日なので、早速朝一番、整理した本・
雑誌類を積み上げ、高さ約1メートルほどの量を出してきました。
整理整頓は、気持のリフレッシュとしても良いものです。仕事で行き詰まった
時も整理整頓で建て直しが出来るものです?!では。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆メルマガ名:「社長は立派なプレイングマネージャ」
☆発行責任者: 有限会社コンシェルジェ;戸村おさむ
        段取りコンサルタント・ITコーディネータ
☆公式サイト: http://conc.biz
☆問い合わせ: ceo@conc.biz
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001039841.html

☆このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
  Copyright(C) 2010 The Concierge Japan,Inc.
☆転送はフリーです。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

author:リーダー發育講師, category:総 論, 08:19
comments(1), trackbacks(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:19
-, -, -
Comment
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
履歴書の書き方, 2014/05/20 7:58 PM









Trackback
url: http://ppm-mm.jugem.jp/trackback/185