RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
組織崩壊の2つの大きな問題
JUGEMテーマ:ビジネス

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 The Professional Playing Manager PPM戦略考
  2012-8-20   No.473
   先負      組織崩壊の2つの大きな問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今朝の日経ニュースメールで『シャープが事業売却など追加リストラの検討を
始めた。・・・「聖域」を設けないリストラになる見通しだ。・・・』と書かれて
いました。
そして、ここ一週間の内に、ニュースはこの経済界ばかりでなく、毎年何か騒動
が起こる8月15日前後で、政界を揺るがすような事件を私たちは目にしてきました。

こうした中、先日のNHK放送の中で、先の大戦の終戦に至る状況をいろいろな
角度から分析している放送を見て、戦争ではないものの、まさに今起こっている
福島原発の事故とも重なり合うような組織的問題を教えられた気がしたのです。


大きな問題の一つは、国家というような大きな枠組みの中にあるそれぞれ専門の
各組織において壁を作る・・・という問題です。これは民間企業でいえば大企業の
各事業(本)部間で壁を作る・・・という問題とまったく同じです。

組織の欠点は、縦に割って互いに情報を隠しあう体質が、ある意味自然と醸成
される、ということです。

終戦前の話が分かりやすかったのですが「ソ連も参戦しますよ」・・・という情報
はすでに5月には入っていたんですね。この情報は、多分、軍部しかも海軍と
陸軍という壁もあったことが原因で、御前会議においてさえ、この情報が天皇
陛下に伝わらなかったそうです。(結果論ですが)もし、その御前会議で
リーダーたちが腹をくくることが出来たならば、その後の、原爆を含めた
40-50万人以上の人たちの命が助かっただろうと言われています。


それともう一つ終戦前における戦略上の大きな問題が挙げられます。それは、
『決めなかった』と言う問題です。所謂、先延ばしをしてしまったことです。
これが福島原発の事故と大きく重なる部分です。

それが証拠に、事故以降、今何年経ってますか?これから先何年後にどうなる
のでしょうか?汚染土の中間貯蔵は良いが、最終貯蔵はどうするのか?原発の
廃棄物の最終廃棄する場所は(所謂、トイレは)どうするのでしょうか?
事故原因を追及する手段の一つの会議における議事録は一切取らず、原因は
棚上げ、情報は非開示。。。

放射線検査は文科省。食物は厚労省。発電所は経産省。その他、環境省、さら
には国交省、などの壁を外したプロジェクト活動はお役所には不向きなのかな?

思いだして下さい!日本のリーダーたる野田総理が<2011年9月2日 記者会見>
において『何よりも最優先で取り組まなければ いけない課題は、原発事故の
一日も早い収束です。・・・福島の再生なくして日本の再生無し』と言いました。
・・・状況から鑑みますと「日本の再生はない」ということなのでしょうか?


私、あるいは私たちは、政界は政界でプロにお任せするとして、産業界において
企業という組織を戦略をもって動かしていかない限り、企業間戦争においての
勝利はありえませんし、決断が遅れれば遅れるほど、ダメージもまた大きく深く
なる可能性が高まります。

その点で、冒頭に挙げました“シャープ”。リーダーたる幹部の苦渋の決断が
早かったのか遅かったのかはともかく、どうしても、解雇を伴わなければなら
ない状況に至ったことは本当に苦しい決断だったと思います。
というのも
私自身、小規模ながらも一時は人を雇っていたこともあって、解雇する時のその
苦しみ、特に背後におられるご家族のことを思うと言葉で言えないつらいもの
がありました。何よりも解雇される側の方がもっと大変なのでしょうが。。。


企業においても、「情報が正しくリーダーに伝わっていない」と「戦略がない、
あるいは、見誤り(決断の遅れも含め)」・・・これでは必然的に「戦いに敗れる」
ということになります。そして負けてしまえば、リーダーもフォロワーもあり
ません。


リーダーも、そしてリーダーを支えるフォロワーも“何が正しいことなのか”
・・・会社という組織を死滅させるのは、必ずしもリーダーだけではない、という
ことも含め、“組織崩壊の対策”についてあらためて考えなおしてみましょう。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
───────────────────────────────────

書きながら、ずれてしまいましたが、この号で当初書こうと思ったテーマは、
企業活動における用語は全て(?)軍事用語からきている、ということでした。
基本的には、直接に殺人というようなものでないにしても、現場においては
“勝負”というものがあって、その為の戦術もあれこれ展開されています。
サラリーマン時代、購買部門にいて、朝一番から何日も訪問されたK社の戦術
には最後は太刀打ち出来ず、バイヤーとしては敗北したなぁ(^^)という思い出
があります。徹底戦術も時には五月蠅く感じ、結果が裏目に出ることもあり
ますから、現場の状況(戦況)を観るというのも怠らないことです。では。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆メルマガ名:「PPM戦略考」
☆発行責任者: 有限会社コンシェルジェ;戸村おさむ
        段取りコンサルタント・ITコーディネータ
☆公式サイト: http://conc.biz
☆問い合わせ: ceo@conc.biz
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001039841.html

☆このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
  Copyright(C) 2010-2012 Concierge Japan,Inc.
☆転送はフリーです。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

author:リーダー發育講師, category:戦 略, 10:15
comments(0), trackbacks(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:15
-, -, -
Comment









Trackback
url: http://ppm-mm.jugem.jp/trackback/485