RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
プロフェッショナルはいつまでも満足感を持てない人か?
JUGEMテーマ:ビジネス

NHKの番組「プロフェッショナル仕事の流儀」は感動させられる場面が多い。
そして、主人公の多くの人が「常に満足感を持てなく、もっともっと
極めなければならないことがある」などというニュアンスの言葉をよくきく。
プロフェッショナルは常に“完全”を目指しているということだ。

プロフェッショナルはいつまでも満足感を持てないのではなく、一日一日
精いっぱいのことを行い、そして、日が変わるごとに「これで良いのか?」
と常に考える人である。これは職人さんに限った話なのではない。


経営学の巨人と称されるドラッカー氏もやはり「現代の経営」の中で同じこと
を言っている。
“自ら行うことについては、常に不満がなければならず、常によりよく行おう
とする欲求がなければならない”・・・と。

 
author:リーダー發育講師, category:人 財, 15:20
comments(0), trackbacks(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:20
-, -, -
Comment









Trackback
url: http://ppm-mm.jugem.jp/trackback/518