RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
ランチェスターとブルーオーシャン
JUGEMテーマ:ビジネス

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 The Professional Playing Manager PPM戦略考
  2010-7-27 No.245
   先負          ランチェスターとブルーオーシャン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のタイトルは戦略という文字が後ろに付くもので、このメルマガでも過去
に何度か登場させています。
いずれの場合においても“オンリーワン”“ポジショニング”という話の流れ
の中で、あるいは“マーケティング論”の中で対比しながら登場するものです。

これらのキーワードにおいてすべて共通するものがあります。

それは、同じ土俵(あるいは海)で勝負をしない、ということです。

ランチェスター戦略にしてもブルーオーシャン戦略にしてもこの数十行という
限られた中で纏めるのは失礼な話ですが、結局詰まるところに“ニッチ市場”
における戦い、という言葉が待っているように思えます。

特に小さな軍団においては、戦いにおいて勝負するところは、限られた小さな
スペースで行うべきです。そこには、競争する相手がいないか、かなり限られて
いるため小兵力で対等に戦える、という理屈なのです。

孫子の兵法における「百戦百勝は善の善なる者にあらざるなり。戦わずして
人の兵を屈するは善の善なる者なり」というのは、血で血を洗うような戦い方
をしないで勝つやり方をせよ、ということであり、ブルーオーシャンにおいて
戦わずして勝て、というのに通じます。


こうした理屈は分かるし、当然兵力を無駄にせず戦えればそれに越した事は
ない、というのは誰もが望むことです。。。ところで、我が社が進むべき道は
いずこに?・・・と
現実を眺めてハタと戸惑うのが大多数の現実の課題だと思います。

“ブルーオーシャン戦略の成功者は、バリュー・イノベーション(価値革新)を
起こしている”と言われても、“ニッチ市場を見つけナンバーワンになれ”と
言われても、具体的にどうすればいいのか?

ここで纏めに入るとすれば・・・・・

ブルーオーシャンにおいては「市場の境界を引き直す」とありランチェスターに
おいては「敵のいない新しい市場の開拓や差別化による市場の再セグメント化」
を目指すわけですから、ランチェスターもブルーオーシャンも目指すところは
即ち、市場を見直せよ、といっている、と考えれば分かりやすいと思うのです。


市場すなわち「我が社のお客様を誰にするのかはっきりさせなさい」という
ことなのです。誰しもお客様は多いのが良いと思うところを極度に絞り込
んで、はっきり“この人”が私たちのお客様です、と定義出来るくらいまで
明確にしなさい、ということなのです。

そうしますと、商品もサービスも、営業も物流も何もかもが、その限られた
お客様に満足して頂くものが何かがくっきりと見えてきます、ということ
なのです。

言葉では簡単にいえるものの、実際のところは、大変に勇気がいるものです。
まさに、経営トップが清水の舞台でものを考える状態になりますから恐怖
すら感じるようになることでしょう。

そこには“貫き通す信念が持てる”リーダーが求められます。ただひたすら
耐えるのではなく“創意工夫と行動する”パワーもリーダーには求められる
のです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

昨日は川口市のある施設を仲間と下見に行ってきました。
100人ほどが椅子に座れ、前にスクリーンと大型投射モニター、放送室が中二階
的についており、基本的な放送設備は整っていました。比較的新しい施設でした
が、どことなくこの施設が時代の流れに段々ととり残されていくようなそんな
感覚にもなりました。
決して、その会場を非難しているのではありません。昨今の、通信技術の発達に
よって、本来その会場設計時、夢にも思わなかったUstreamやSkypeあるいは
iphoneといった身近で簡単な放送局(画質はともかく)が一般の人でも出来る
ようなってきた、と、私自身としても実感できるようになったからです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆メルマガ名:「PPM戦略考」
☆発行責任者: 有限会社コンシェルジェ;戸村おさむ
        段取りコンサルタント・ITコーディネータ
☆公式サイト: http://conc.biz
☆問い合わせ: ceo@conc.biz
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001039841.html

☆このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
  Copyright(C) 2010 The Concierge Japan,Inc.
☆転送はフリーです。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

author:リーダー發育講師, category:戦 略, 08:19
comments(0), trackbacks(0), -
経営者の持つ課題


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 The Professional Playing Manager 社長は立派なプレイングマネージャ
  2010-5-31 No.208
   先負              経営者の持つ課題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少し古くなるのですが、リーマンショック後の2008年11月に日経BP社が中小
企業経営者がどのような課題を持ってどのように考えているか、をアンケート
した結果を纏めたものがあります。
それは、1年半経った今も変わることはないと思います。以下、項目を抜粋して
お伝えします。項目以外は、私の考えを書いたものです。
(複数回答なので割合等は傾向を示すもの)

○経営対策

一番多いのは「事業の選択と集中」。次に多いのは「営業のテコ入れ」。三番目
が仕入れコストの削減」。

これらは、やはり予想通り、という内容ですね。何でもかんでもやるのではなく
事業を絞り、ランチェスター戦略をもって営業をかけ、売上を伸ばし、仕入れを
抑えてコストを下げ、利益をあげる・・・経営の基本線のようなもので、理屈は
そうだとしても、特に経営資源が裕福でない中小企業者にとって深刻な問題で
あることには変わりはないわけです。

続いて、目立つのが、在庫の削減、製造コスト削減、そして管理費の削減であり
とにかく“内部コストの縮減”を気にしているところが分かります。
そのまた次に、顔をのぞかせているのが“全社的組織改革”という項目。これは、
個々の項目もさることながら、一度全体を見直したいという意思も垣間見える、
というところでしょう。

○経営手法

内部統制・コンプライアンス経営がダントツで、以下、キャッシュフロー経営、
カイゼン・TQC、CSR経営、能力主義経営、成果主義経営、連携経営、等
が続きます。

私などが絡むような“IT活用経営”“バランススコアカード活用経営”等が、
内部統制経営(40%)に対し、7%前後の割合というのは、かなり寂しい感じが
します。と、いっても悲観的に考えてはいません。というのは、この質問の
選択肢が限られていて、かつ、キャッシュフロー経営とかコンプライアンス等
というものは時代の流行り言葉のようなものだからです。

また、日本型内部統制というのは、インフラでITが絡みますし、キャッシュ
フローにしても、IT化されないと瞬時の判断材料がないわけですし、カイゼン
にIT化ということもあるわけですから。

○人事面の課題

ダントツが“社内コミュニケーション”そして“リーダー育成”と続きます。
両方の課題を合わせて、社内コミュニケーションの課題を解決するリーダーの
育成が最重要課題といえそうです。
確かに、先号で取上げました三井家の家憲のひとつに「賢者能者を登用するに
最も意を用いよ」とありました。

後に続いているのが、企業ビジョン等の浸透、そして、肩を並べるように、
“若手の定着と育成”“社員のやる気力向上”など深刻なものも出てきます。

最近、某所にお邪魔した時に、今年のテーマは“リーダーシップ”ということ
で考えている、と言われましたが、理解できるところですね。


私としても、こうしたテーマに対応して支援していきたいとあらためて思った
次第です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

日経BP社の雑誌(NVC Monthly:2009.1号)で“華道は経営と同期する”という
キャッチで書かれた華道家:前野博紀氏の記事がありました。
生け花を会社全体として捉え、花器は「会社」という器、花は「人」であり
適切な配置をしていく、という考え。かつ、華道は“決断力”が大事だ、とも
言います。花器選び、花選び、花はどの長さで切るか、ぐずぐずしていると
花が枯れてしまう。素早く間違いのない決断が必要だと。次に“調和”です。
配置とともに考えるのは全体としてどうなのか、という点。
こうして生け上がった花を見て勢いのある花、控えめな花、いろいろあります。
それは会社全体の勢いでもあります。前野氏は、草月流の創始者、勅使河原氏
の「花伝書」の言葉を引用しています。「花は生けたら人になる」・・・花は
生けると自ずとその人の、人となりや内面が表れてくるというわけです。
社長が人員配置を決めることは会社の体を表すことに通じる、と前野氏は言っ
ているのでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆メルマガ名:「社長は立派なプレイングマネージャ」
☆発行責任者: 有限会社コンシェルジェ;戸村おさむ
        段取りコンサルタント・ITコーディネータ
☆公式サイト: http://conc.biz
☆問い合わせ: ceo@conc.biz
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001039841.html

☆このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
  Copyright(C) 2010 The Concierge Japan,Inc.
☆転送はフリーです。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

author:リーダー發育講師, category:戦 略, 08:48
comments(0), trackbacks(0), -
勝ち負け
JUGEMテーマ:ビジネス


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 The Professional Playing Manager 社長は立派なプレイングマネージャ
  2010-4-14 No.161
      先負 旧3月1日         勝ち負け
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「アマは和して勝つ、プロは勝って和す」・・・この言葉は、巨人、西鉄など
五球団で監督を務め、「知将」と呼ばれた三原脩さんの名言でどこかで聞いた
文句、ではないでしょうか。

この言葉は、絶妙の言葉で、仲良しクラブなら、「みんなで頑張りましょ!」
と言って勝ってうれし涙を流し「良かったわ、チーム一丸となって勝ったん
だわ」というところでしょう。

プロはこの点厳しいものがあり、仲間内で良かった、悪かったで済まない話。
すべて“勝ち”を優先し、勝ちに価値を見出さねばなりません。勝って益々
チームが結束するという考え方なのです。
孫子の兵法でいう「敵に勝ちて強を益す」というところでしょう。

かつて、城山三郎氏が“百戦百勝”という本を出したのですが、これは
“相場の神様”と言われた人物をモデルにしたものでした。相場はチームでやる
ケースは少ないのですが、情報を武器にして戦い、負けたら一気にどん底に落ちる
どころか自らの命を絶つ人もいるくらい怖いもの。それだけにプロの相場師は
常に勝たなければならないものなのです。

チームの場合に戻りますと、この勝敗を決するにリーダーの決断力が大事と
なります。これが、リーダーシップ論に発展していくのですが、ここでは論点
を勝ち負けというところに絞ります。


勝敗を決定する重要なポイントを掲げる言葉なり方法はいろいろとありますが、
有名どころの“孫子の兵法”は、分かりやすくて良いかと思います。

この兵法書には「勝つ」という言葉が散りばめられています。その中に次の
ような言葉があります。

「百戦百勝は善の善なる者にあらざるなり。戦わずして人の兵を屈するは善の
善なる者なり。」

剣の道においては「柳生新影流は活人剣であり戦わずして勝つというのが奥義」
とあります。

この戦わずして勝つ、ということは、戦わずして引き分ける、とは言ってない
のです。やはり勝つことで終わるのです。その為の戦術が必要だと思います。
即ち、すごくでかい組織(軍隊)にするか、先々号でもふれた“ランチェスター
戦略”でまいるか、が分かりやすい解だと思います。勿論、他にも“情報戦”と
いう気力の消耗戦という戦術なども考えられます。


企業において、「戦略」・「戦術」など軍隊用語を使わざるを得ないのは、やはり
他社との戦いの中にあるからなのです。あらためて、いろいろな兵法・戦術を
学ぶことの大切さがあるのだと思うのです。我々それぞれ敵同士にはなりたく
なければ、なお更“戦わずして勝つ”方法を知り修行すべきなのではないで
しょうか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

いよいよ明日白内障の手術です。眼薬で手術の準備体制に入っております。
順調にいくことを皆さま宜しくお祈りください。早く、かすんで見える目を
すっきりさせて、兵法書を読み解いていきたいと思います。では。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆メルマガ名:「社長は立派なプレイングマネージャ」
☆発行責任者: 有限会社コンシェルジェ;戸村おさむ
       ITコーディネータ
☆公式サイト: http://conc.biz
☆問い合わせ: ceo@conc.biz
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001039841.html

☆このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
  Copyright(C) 2010 The Concierge Japan,Inc.
☆転送はフリーです。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

author:リーダー發育講師, category:戦 略, 08:25
comments(0), trackbacks(0), -
オンリーワン
JUGEMテーマ:ビジネス


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 The Professional Playing Manager 社長は立派なプレイングマネージャ
  2010-4-6 No.153
      大安          オンリーワン 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「人のやらないことをやれ!−世界一の技術を誇る下町の金型プレス職人、その
経営哲学と生き方指南」と題して、あの有名な岡野工業の社長 岡野雅行氏の
著作が2006年に出て久しいところです。
メルマガだから細かく書けないので省略しますが「痛くない注射針」などは、
誰でも出来るのかなと思うのですが、できないところがオンリーワンたる所以。

今日は、この岡野氏について、、、ではなく、経営者なら誰でも望む我が社だけ
の特別な技術、製品、サービス、すなわち“オンリーワン”というものを考察して
みることにします。

本稿のきっかけは愛知県の本多プラス株式会社・本多克弘社長の親父さんが
残した言葉“他人のやらないことをやる”という教えにそって、克弘社長が次々
と新しい商品を開発して26期連続増収という軌跡を残してきた、という記事
を読んだからなのです。


そもそも“人がやらない”というのは、きまって面倒なことであり、誰もした
ことがないわけですから不安であり自信もないわけです。一般的な感覚として
人がやらない理由は、それなりのワケがあって、所詮、人がやることだから
今まで出来ないモノは、これからやってもできないに決まっている、と判断し
てしまい諦めてしまうことにあると思います。

これは何も、商品というハードだけでなく、サービスについてもそう言えます。
例えば、夜の時間帯を狙ったサービスですね。クリーニングの宅配。夜専門の
人材派遣業も需要があるようです。


オンリーワンという切り口で理論を展開するのが「ランチェスター戦略」です。
この戦略は、本来たくさんのお客様を獲得するという営業戦略からずれる格好で
エリアを思いっきり縮めてしまえ、という発想です。狭めたエリアで思いっきり
トップを狙え、その地域ではオンリーワンになれ!ということなのです。


もう一つのオンリーワンという切り口で理論を展開し一時流行のように持て
はやされた“ブルーオーシャン戦略”。これは、2004年10月号の“ハーバード・
ビジネス・レビュー”で発表されたものでご存知の通りです。
激しい競争市場で血みどろの戦いは避けて、未開拓の市場に移ろうよ、そこには
競争相手がいないから、という理屈ですね。

勿論、レッドオーシャンからブルーオーシャンに移動できれば、ある意味誰でも
そうしたいですよね。ましてや、大企業なら血みどろでも体力があるからまだ
良いとしても、中小企業は血みどろの戦いは絶対避けたいところですから。


ブルーオーシャン戦略の本質は、事業改革にあります。誰も出来ない、という
ものに挑戦せねばなりません。リスクを取らねばなりません。自信を持つ勇気が
必要なのです。
レッドオーシャンとブルーオーシャンの間には、深い滝があります。この滝に
飛び込む勇気が必要なのです。

最初に挙げた岡野社長にしても本多社長にしても、今ブルーオーシャンにいるから
言えること。下請けに安住しない、他人ができない技術を開発あるいは商品を開発
する、と言えば恰好がよさそうですが、岡野社長においては年間売上35,000円と
いう時代もあったし、本多社長も新しい戦略設備を投入するに資金に苦しんだ時
があったのです。そこを経て初めてブルーオーシャンに乗り出せたわけです。


オンリーワン・・・そこには“飛び込む意志”と“やり抜く意地”という
“覚悟”が必要だ、ということなのです。

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

目というものがこれほど大切なものか、と昨日の夜思い知らされました。仕事
の関係で、A−4サイズの方眼紙に手書きで図面を(久しぶりに)書いていた
のです。細かい作業でmm単位の線を引くわけであまりにも目の焦点を集中
させるのに疲れたのでしょう。
途中で、目がチラチラしてきて、万華鏡のぼやけたような感覚になってしまい
目は痛い、頭は痛い・・・で、風呂もパスして早く寝ました。
朝、お陰さまですっきり。。。もうあのような図はゼッタイ書かないと心に
誓いました!目疲れであれほど苦しかったのは初めてのように思います。
お疲れ目さまでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆メルマガ名:「社長は立派なプレイングマネージャ」
☆発行責任者: 有限会社コンシェルジェ;戸村おさむ
       ITコーディネータ
☆公式サイト: http://conc.biz
☆問い合わせ: ceo@conc.biz
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001039841.html

☆このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
  Copyright(C) 2010 The Concierge Japan,Inc.
☆転送はフリーです。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

author:リーダー發育講師, category:戦 略, 08:53
comments(0), trackbacks(0), -
仕組み
JUGEMテーマ:ビジネス


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 The Professional Playing Manager 社長は立派なプレイングマネージャ
  2010-3-6 No.122
    先負 啓蟄        仕組み  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のテーマは仕組み。実は、仕組みと仕掛け・・・どう違うのだろうか?
と少し悩んだのですが、辞書を調べてみて、経営という観点から、その意味合
いを考え比較してみました。

仕組みは、「モノゴトをうまく運ぶために工夫された計画。くわだて」

仕掛けは、「目的のために巧みに工夫されたもの。からくり。策略。たくらみ」

こうしてみますと、何の理論的な裏付けもないですが、仕組みの方が上品かと
思ったわけです。思いつきで言えば、仕組みの為に仕掛ける・・・戦略と戦術
の関係と思えば良いのかとも思います。

さて、その仕組み。これは先々号で特許として捉えたビジネスモデル、ビジネス
方法と同じだと考えて良いのですが、同じ内容を書くと皆さんに叱られますし、
そのつもりはありません。ただ、しつこく書くのは、自分としても凄く気に
なるテーマだからです。


さて、ここで元花王会長の常盤文克氏が、まだ、研究所の所長になった
ばかりの頃の組織の仕組みにかかわるある気づきについてご紹介します。

それは、常盤氏がある漢方医から得た知見なのです。漢方というのは、局所的
に病気を診るのではなく、身体全体をシステムとして診る、ということです。
西洋医学は心臓が悪いとなると心臓を診断するのですが、漢方医学では、心臓
が悪くなったのは身体全体のシステムがバランスを崩しているのだ、と身体
全体を診る、というわけです。

この話そのものは、感覚的にも理解できる話ですが、当時の常盤氏は、300人
の部下を抱える組織の長になったばかりで、この大組織をどういう方向に
持っていこうかと腐心をしていた時だったのです。それだけに、この話を
聞いてハッと気付かされた、ということなのです。

自分は部分から全体を見ていたが、それは間違いで組織全体からの発想が
大切だ、という気づきです。個々人はそれぞれ個性があるのは認めつつも
全体として同じ方向に向いていれば組織として強い組織が出来上がる、と
考えたわけです。

花王は、ビジネスの仕組みとして「自社完結型経営」で情報システムを駆使
した垂直統合というものを実現し、成功を収めることになるわけですが、
こうした気づきを実行に移していく組織風土そのものが素晴らしい、と思う
のです。


常盤元会長は

「経営者とは、組織を統合するための仕組みをつくる責任を負っている」

と話されたのだが、全く同感です。
“経営者のもっとも大切な仕事は、仕組みを作ることである”と従前より私も
考えているところです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

今日は、啓蟄(けいちつ)・・・24節気の一つ。
「啓」は開く、「蟄」は虫が土中に閉じこもる、という意味で、あわせて土の
中に閉じこもっていた虫が土の中から出てくる日ということです。あるいは、
この日から春分の日までの期間を意味します。
まさに、虫たちも春を感じ、元気を出す時期です。もしかして、鳥たちのさえ
ずりが元気に聞こえるのは、餌が少なかった冬を越して、この虫たちを餌に
するからでしょうか?
人間界では、Twitterというさえずりが元気で真っ盛りのようですね。ではでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆メルマガ名:「社長は立派なプレイングマネージャ」
☆発行責任者: 有限会社コンシェルジェ;戸村おさむ
       ITコーディネータ
☆公式サイト: http://conc.biz
☆問い合わせ: ceo@conc.biz
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001039841.html

☆このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。
  Copyright(C) 2010 The Concierge Japan,Inc.
☆転送はフリーです。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む >>
author:リーダー發育講師, category:戦 略, 06:33
comments(0), trackbacks(0), -
PPM戦略考-018号 1.バランススコアカード 2.実行計画
JUGEMテーマ:ビジネス


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 The Professional Playing Manager 社長は立派なプレイングマネージャ
  2009-11-18 No.18
   大安          バランス・スコア・カード 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

戦略をより具体的なアクションプラン(戦術)につなげていく手法にバランス
・スコア・カードというものがあるのはご存知の方も多いかと思います。

これについて今日は書きます。ご存知の方は復習のつもりで、お読みください。


BSCと略すバランス・スコア・カードは、1990年に新しい業績評価システム
を、米国ノーラン・ノートン研究所で研究。カプラン教授とノートン博士が
その成果を、1992年に「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌上に発表した事
からバランス・スコア・カードというものが世に知られるようになったわけです。

最終的に企業というものは儲けないと企業の存続そのものが出来なくなるとい
う厳しい要件があります。ただ、こうした財務の観点からだけで企業活動を
見ていると儲けた・損したという見方しかできなくなります。

BSCは、ここで単に財務の観点からだけに寄らず、儲けに至るまでの過程を
重視してみようということで、結論的には、
○ 財務の視点
○ 顧客の視点
○ 業務プロセスの視点
○ 人材と変革の視点
という4つの視点から社内と社外、現在と将来をバランスさせることを図る
ものなのです。

もう一つBSCは業績評価指数と数値目標を明確にするという重要な要素が
あるのです。これは、以前取り上げた“目標管理”と同じことでこのBSCは
目標管理の手法の一つと考えてもいいのです。

BSCはざっくりと纏めますと、
(1)経営のビジョンと目標を数値を含めて明確にする
(2)ビジョンと目標の実現のための課題を4つの視点から取り上げる
(3)その課題をどういう流れで実行していくと達成できるかの構想を立てる
(4)課題を重要度・緊急度・難易度等で仕分けをする
(4)その際に、達成基準となる具体的な行動基準、数値目標を決める
(5)実行計画を作る

BSCの最初の目標は、この実行計画を立てることにあるのです。当然、この
計画をフォローする過程がその先大切なのですが、先ずは、このBSCは何が
大切かというと、数値目標を作ること、実行計画を立てること、この2点が
私はミソだと考えています。


そもそも、このBSCの発表時のタイトルがそのことを物語っています;
「The Blanced Scorecard-Tranlating Strategy Into Action」
まさに、戦略を実行への転換をすることがこのBSCの目標であることが窺え
るでしょう?!


でも、納得するだけでは意味が何もありません。そして、実行計画ができた
としても、それだけでは(何もとは言いませんが)まだ意味がありません。

ここからが、本当の意味を具体的にするプレイングマネージャの正念場が
始まるわけなのです。

理屈は難しくはありません。でも、実行は大変難しいものです。何度もこの
BSCの講義をして実行のお手伝いをしてみますと、良く分かります。四苦
八苦して作り上げることは知識を身につけるために重要ですが、私どものよう
な第三者の手を借りて“確かに仕上げる”ということもおススメしたいと思い
ます。

頑張ってください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<実行計画>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

私は個人的には、カッコいい表現で「アクションプラン」というこの実行する
ための計画書を作ることは大変大切なことだと・・は思いますが、多くの現場
では、立てた計画はいつの間にかどこかに行ってしまったり、当初の計画と
とんでもなく違う計画にガンガン切り替わったりしているように思います。

目標数値は、確かに売上アップ○%必達などと掲げるのですが、マネージャ
の立場において部下の未達成を叱責し怒鳴りたてるのではなく、達成までの
過程をどう踏んでいくかの指導・相談、あるいはプレイングマネージャとして
共に従業員あるいは部下と行動することも必要です。


言うは易く、というのではなくまさにこの実行の部分で始めて商品・サービス
がお金に変換される現場になるわけです。経営におけるまさに戦場とも言える
現場での経営術が、例えば、チーム力だとかリーダーシップ等など戦闘技術を
マネージャとしてもプレーヤとしても持たねばなりません。

ホンの1%でも役に立ったと言われるようにこのメルマガを通して話しかけて
いきたいと思います。
逆に読者の方々から相談という形で知りたいアイテムとか悩み事をお聞かせ願
い、ご回答することも考えています。ご遠慮なく下記のメールアドレスへご一
報ください。仮名でも構いません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<まとめ>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■バランス・スコア・カードは、目標管理手法の一つであり、作成するのが
 目的ではなく、経営ビジョン・経営目標達成の道筋をイメージすることと
 時間的な経緯を含めた具体的な行動を起こすことが目的である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

過日、「チャンスは農・商・工連携にあり」副題で「同業同士の限界打破に
挑戦!!」というセミナーに参加。講師は大木ヒロシ氏。

司会者も冒頭から言ってました。「農商工連携で相談あればきてください」と
言っても殆ど来ません。むしろ、基本的なモノの見方、考え方をつかんでもら
った上で農商工連携の相談をして頂いた方がより現実に近づく、という急がば
回れ論で、今日のセミナー開催です、と。

私も望むところでした。「社長は鈍が良い」「経営者は決めることが仕事だ」
「決めたら動くな」とか農商工はあっちの方にいってるのですが、その意味合
いは十分に理解したつもりです。また、機会あるたびに小出し?でお伝えしま
すね。

講師は、江戸っ子下町育ちのせいか、朝日(あさひ)と言わず、あさし、と
発音するんです。そこんところがなかなかイキで良かったです、ハイ。では。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆メルマガ名:「社長は立派なプレイングマネージャ」
☆発行責任者: 有限会社コンシェルジェ;戸村おさむ
☆公式サイト: http://conc.biz
☆問い合わせ: ceo@conc.biz
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001039841.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

author:リーダー發育講師, category:戦 略, 21:19
comments(0), trackbacks(0), -
PPM戦略考-009号 1.戦略とは無ムダ捨て 2.マインドマップ
JUGEMテーマ:ビジネス


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 The Professional Playing Manager 社長は立派なプレイングマネージャ
  2009-11-9 No.9
   先勝 太陽暦採用記念日        戦略とはムダ捨て?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

f1p-投稿

 

経営の父と言われるP.ドラッカー氏はいろいろな言葉を残していますが、
その一つに、「リーダーに何をすべきかを教えるのに多大な時間を使うが
何をやめるべきかを教えるのには充分な時間をかけていない。」という言葉が
あります。

経営戦略を立てる時、あるいは実行する時において、ある意味誰しもがあれも
やりたいしこれもやりたい・・・と思い実行計画に書き込み実行しようとする
傾向にあります。

気持ちは分かるのですが、ドラッカー氏はここで釘をさしているは、あれも
すべきこれもすべき、を止めなさい、と言っています。即ち、無駄とはいって
ないが、限られた資源(ましてや中小企業において)の中で、実行しないもの
を決め、集中すべきものを見つけなさい・・・ということです。

この考え方は、経営戦略においては捨てるもの、あるいは、やらないものを
決めることだということです。

陣取り合戦をする場合、全ての場所を征服したい!・・・この気持ちは分かる
のですが、敵がいるのにそのようなことは出来る筈はないわけです。だから、
欲しい場所を決めると同時に捨てる場所を明確に決める必要があるのです。
捨てたくない気持ちを捨てる・・・実行するのは難しいことが分かるからこそ
そこを戒めているのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<続:アイデアを纏める手段:マインドマップ>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ブレーンストーミングの話の流れでマインドマップの技法が出てきたので、
この技法について、もう少し続けます。

マインドマップはある意味今年流行した技法のひとつかと思います。以前より
手書きの世界で、きれいな色鉛筆などを使ってまるで神経が伸びていくような
形をイメージさせるものとして記憶には残っていたものです。

手書きの世界では、書くことに意識が寄せられてなかなか踏み切れなかった
のですが、今年の夏ブレイクしたように一時本屋にいろんな本が山積みされま
した。

私もその中の一冊を購入して、添付されていたCD-ROMで練習しました。

使ってみると結構使えるというのが分かりました。手書きの世界と比べると
感覚的には“消しゴム”カスが机に散らばらなくていいんじゃないか、と
思いました。それほど、自由に思いついたことを書いて後で簡単に消したり
動かしたりできるわけです。

これは本当に皆さん利用すべきです。

利用の仕方は多分無数にあるように思えます。先ず、ブレーンストーイング。
これも、“頭脳の嵐”ですからまさにぴったりじゃないですか。

頭の中で思いついたことを、誰に邪魔されることなく表現する・・・だから
一人ブレスト、二人以上のブレスト、如何様にでも。。。

私自身やったことで良かったものは「やることの纏め」というものをメイン
テーマにしてやってみたのが一番良かったですね。

今でも、やりっぱなしではなく時折見直しもしています。その時、上段で述べ
たような「これはもうやらない」ということも決めています。


ブレストも、会議室でパソコンとプロジェクタを使ってみんなでワイワイ
ガヤガヤしながら進めることをおススメします。ただ、ホワイトボードに
書き込む人も大変だったように、パソコンで打ち込む人も大変だとは同情
しますが・・・。(この書き込みだけはどうしても手間が変わらないですね)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<まとめ>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■戦略とは捨てさること。そのことで、本当に何が大事かを知ることができる。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

昨日は車で30分ほどのところで借りている畑のサツマイモ堀りに行ってきま
した。ホントは少し遅いのですが、素人なもので、少しでも太くなれ、大きく
なれ、という気持ちで延ばしのばしにしてきたもの。

植え付けた苗の近くは比較的大きく直径15cm長さが30cm程のジャンボ
級も何個かあって、そのうちいくつかは、モグラ?の餌食で1/3くらい食わ
れてたり。。。と。

収穫も大事なことですが、畑で過ごす時間は気持ちが良いものです。では。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆メルマガ名:「社長は立派なプレイングマネージャ」
☆発行責任者: 有限会社コンシェルジェ;戸村おさむ
☆公式サイト: http://conc.biz
☆問い合わせ: ceo@conc.biz
☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001039841.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

author:リーダー發育講師, category:戦 略, 07:05
comments(0), trackbacks(0), -